ながしま動物病院

ながしま動物病院 | 横浜市栄区 動物病院 去勢 避妊 予防接種

診察案内
  • 診察内容

    診療内容

    大型犬用のペットホテルや、忙しい方のための往診にも力を入れております。
    犬、猫はもちろんの事、最近多いウサギや、
    急速にファンの増えているフェレットや可愛いハムスターまで幅広く対応しております。
    また、感染症についても記載しています。
    ワクチン接種で予防出来る病気も多数ありますので、下記の症状等を参考にして下さい。

一般診察

  • 対象動物

    犬、猫、フェレット、ハムスター、ウサギ

  • 診察内容

    ・狂犬病予防接種

    ・ワクチン接種

    ・フィラリア予防

    ・去勢・避妊手術

    ・ペットホテル

    ・往診(基本的には横浜市栄区内ですが、詳細はお電話下さい)

    ・定期健康診断(血液検査・X線検査・尿検査・糞便検査等)

予防接種

  • 狂犬病予防接種について

    病気にかかった動物に噛まれる事で伝染する病気で、人畜共通伝染病(人も動物も同じく感染する病気)の中でも 感染した場合の死亡率がほぼ100%と言う恐ろしい病気です。

  • フィラリアについて

    フィラリアは蚊が媒介する寄生虫の成虫が、犬の肺動脈や心臓に寄生して起こります。
    血液の流れが悪くなり、心臓病、肝臓病、腎臓病等、様々な障害が出現します。
    放置すれば死に至る事もある、犬にとっては重大な病気です。

ワクチン接種 (犬)

  • 病名

  • 症状

  • 特徴

  • ジステンパー

  • 発熱、嘔吐、下痢等 

  • 死亡率が高く、治ってもいろいろな後遺症に悩ませられる事が多い病気です。

  • 伝染性肝炎

  • 嘔吐や下痢、食欲不振、
    角膜の混濁等

  • アデノウィルス1型による感染症であり、仔犬の場合、突然死する事もあります。


  • パルボウィルス感染症

  • 激しい嘔吐、血様の下痢、脱水、
    白血球減少症等

  • 伝染性が非常に強く、死亡率も高い恐ろしい病気です。腸炎型と仔犬が突然死する心筋型があります。

  • 犬コロナウィルス感染症

  • 下痢、嘔吐

  • 腸炎を起こす感染症で、パルボウィルスと混合感染すると症状は一層重くなります。

ワクチン接種 (猫)

  • 病名

  • 症状

  • 特徴

  • 猫汎白血球減少症

  • 食欲減退、高熱、嘔吐、
    下痢、激しい脱水症状

  • 体力の無い仔猫等はたった1日で死ぬ事もある恐ろしい病気です。


  • 猫カリシウィルス感染症


  • クシャミ、鼻水、発熱

  • 風邪と似ていますが、舌や口周辺に潰瘍が出来る急性肺炎を起こし死亡する事もあります。


  • 猫ウィルス性鼻気管炎

  • 食欲減退、ひどいクシャミ、
    咳、鼻炎、高熱等

  • ヘルペスウィルスによる感染症で結膜炎を引き起こし、典型的ないわゆる「ネコカゼ」状態になります。


  • 猫白血病ウィルス感染症


  • 貧血、流産、免疫力低下

  • 病気にかかりやすくなり、感染した猫は80%が3年以内に死亡するとも言われる恐ろしい病気です。

※他にも様々な病気がありますが、ほとんどがワクチン接種で防ぐ事が出来る病気です。
  また、いくつかを混ぜたワクチン接種も出来ますので一度ご相談下さい。
診察時間